免疫ミルクトップ >  もっと知りたいスターリミルク >  狂牛病について

狂牛病について

 

弊社がお届けしております「免疫ミルク」商品群は狂牛病(牛海綿状脳症:BSE)とは一切関係なく、安全性につきましても全く心配ありませんので、安心してご愛飲ください。

安全である理由と致しましては次の通りです。
【1】 世界保健機関(WHO)、国際獣疫事務局(OIE),厚生労働省および農林水産省で正式に牛の乳製品の安全性が報告されています。 また、英国のBSE諮問委員会では「牛乳および乳製品を介しての感染がないことが既に実験的に証明されている」と報告しています。

【2】 「免疫ミルク」商品群」はニュージーランドで生産された牛乳より製品化しております。 ニュージーランドでは狂牛病にかかった乳牛はおりません。

【3】「スターリ乳清」の主原料であるスターリ乳清たんぱく(WPC)はニュージーランドで生産された牛乳より作られており、上記【2】同様問題はありません。

ご質問等がございましたら、下記をクリック頂き弊社ならびに掲載の機関までお問合わせください。

狂牛病に関するお問い合わせ、参照ホームページ

ページトップへ